タニフジ白楽館 / 個人住宅・集合住宅
   所在地  神奈川県横浜市
構造    RC造
規模    地上3階、地下1階 845u
工期    1994.3〜1995.6
協力設計 構造:MUSA研究所
       電気:日永設計
       設備:藍設計
施工    建築:小川建設
       電気:東電同窓電気
       空調:光津設備
       衛生
       E.V.:東芝

施主からの条件は、大きく3点ありました。

まず、3家族が住むことを基本に多様な使い方が出来ること。
敷地の形態を十分に生かし、無駄なスペースを残さないこと。
そして、少なくとも100年は持つ空間構造とデザインをすることでした。

設計に当り、土地の形態を擁壁、塀として立上げ、街角を印象付けるランドマークとして力強く表現しようとしました。
また擁壁と建築は、環境を生み出す一体のものとしてデザインし、内部と外部が連続する空間としました。
内部空間では、時間の中で「変わるもの」と「変わらぬもの」とを意図しました。
物理的にも意匠的にも長い寿命を保つ為の合理的なデザインや、質感のある材料の選択や制作を心掛けました。

 

外観1

外観2

外観3

エントランス階段

ルーフテラス

エントランス階段見上げ

内観1

内観2

内観3

 >>Works / 作品集 トップへ